KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

レジードワイト

本日ランチ まいばすけっと


先日の水曜日に、わたしは船堀に行った。
セブンイレブンで、パンとコーヒーを買った。

...

それから映画館に入り、真ん中の座席に座った。


映画が始まり、最初の「黄昏のレンガ道」のイントロ
が流れてくると、目の前の銀幕が霞んで見えた。


白内障の手術は終わったばかりなのに
こんなに霞んで、ぼやけるなんて、
また、白内障が再発したのだろうか.....



いや違った。それはわたしの涙だった。


わたしは泣きながら缶コーヒーを飲み
泣きながら映画を観て、パンを食べた。



涙とともにパンを食べたものでなければ
両親に愛されなかったレジードワイト
(エルトン ジョンの幼少期)
の気持ちは分からない。



涙とともにパンを食べたものでなければ、
人生の味は分からない。


ゲーテ[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]
(18〜19世紀ドイツの詩人・小説家・劇作家、1749〜1832)


DSCPDC_0003_BURST20191116130439173_COVERnews_190317


まともな人間

本日ランチ 焼魚さんま定食 900円 そらのすぷーん


ここでランチを食べると.......


少しだけ、まともな人間になった気がするのだ

...

たぶん、そういう気がするだけ、だと思う🤣

DSC_1455DSC_1456


映画「ロケットマン」

映画「ロケットマン」 


(この作品には、わたしたちはみんな違って
みんな同じであるというメッセージがあります)

...

世界がますます分断され、敵対的なものに
なっていることを考えると、そのメッセージ
はかつてなく現代的な意味を帯びてくる。


本作は各人の違いを批判しあうのではなく
称えることの必要性を思い出させるものだ。


この作品からそういうメッセージが伝わるなら
素晴しいことだよね。


僕は本当の自分の姿に目を背けている時期
がありそれは中毒の特徴なんだ。


自分をだまし、嘘をつき、自分がやった
ことを隠そうとする。


でもそうすると、自分のことが嫌いになる。

自分でも理解できない自分になってしまうから。


ELTON JOHN

20190715-OHT1I50226-LCws
DSC_1462



Archives
記事検索
livedoor プロフィール

kazu

TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ