KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

総武線の車内にて㉕

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

わたしが三人のろう者(聴こえないひと)と話した(手話)時間は
ほんの僅かな時間だった。

三人はずーとわたしを見ていた。三人だけで話をすことはなかった。
もう少し丁寧に説明するなら、三人は自分たちの会話を中断したまま、
下手くそな手話を繰り出すわたしのことを注意深く、しっかりと、優しく
親しみを込めて見ていたのだ。

三人は、「なんだか、こういうのって、実に久しぶりに見たなぁ〜」という
表情だった。まるで、上野動物園のパンダを見るように。

三人から見られていることに対して、わたしは何かに例えようのない感情
の鼓動、息吹のようなものを感じた。それは喜びであり、興奮であり、自己
主張であり、あるいは尊重であり、同調であり、承認のようなものだった。

ようこそ葛飾区へ、電車は緩やかにブレーキを効かせながら新小岩駅の
長いホームへ、やや前傾姿勢で滑りこんできた。そのときだった。

右端に座るお婆さんは身を乗り出すような体勢になった。先程よりもあきら
かに強い視線を、お婆さんは投げかけてきた。わたしに何か言いたいこと
があるのだ。それは良いことかもしれないし、良くないことかもしれない。
わたしは呼吸を止めて、下唇を噛み、次のリアクション(手話)を待った。

それは質問だった。お婆さんは短く、勢いよく、簡潔な質問を私にした(手話)。
「あなたの名前は?」とお婆さんは言った(手話)。これには、私は正直驚いた。

たまたま電車で会った人と、ほんのすこしの間だけ話をした。話しといっても、
眉間に皴を寄せる人生相談ではなく、単なる挨拶、世間話の類だ。

もしかしたら、三人とわたしは、またどこかで合うかもしれない。合わない
かもしれない。いや、まず合わない。そんな人、その程度の相手の名前を
尋ねることに、一体なんの意味があるのだろうと、わたしは考えたのだ。

わたしは、しばしば誤った自己判断をする。名前に関して言えば、それを
謙遜と言えば聞こえはいいが、実際には間違えた分析結果だった。三人
が名前を尋ねたことは、ろう者(聴こえないひと)のあいだでは当たり前の
ことだ。または「三人のわたしに対する最大級の評価だよ」と誰かが言った
として、アボガド100円から130円値上がりのような不満な顔はしないのだが。

あんた、手話を勉強しているんだね。わたしたちに、一生懸命に勇気をふり
絞って、こうやって声を(手話)をかけてくれたこと。それはもう本当にびっくり
したけどね。いや、だからこそかな、本当に嬉しく思うよ。あんたの名前は?
そうそう、佐藤さんだね。佐藤という名前は、どこにでもある名前だけどね。

あんたの佐藤さんは、わたしたちは決して忘れやしないよ。

聴こえる人(健聴者)で手話ができるひと、勉強しているひとは本当に少ない
のよ。それに、そういう人が電車にいたからと言って、みんながみんなわたし
達に声を掛けてくれる訳ではないしね。

那須からここまで時間はかかったけど、あんたに声を掛けてもらって、本当に
良かったよ。この電車に乗るたびにと言っても、総武線は滅多に乗らないけど
総武線とか、新小岩とか、佐藤さんの名前を目にするたびに、あんたのことを
想い出すだろうよ。

338c0513








総武線の車内にて㉔

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

電車は新小岩駅へ向かっていた。私の斜め先の座席に座る
若い女性は、やや慎重さを含ませながら立ち上がり、走行中
の揺れを警戒して、ゆっくり歩き、ドアの前に立ち、少し目を細
めて、窓の外の流れる景色を注意深く鋭利な目で追っていた。

女性の目には、不審の色がありありと浮かんでいた。

次は「新小岩駅」とアナウンスされたことが、本当かどうかを確認
している様子だった。ちょっと油断して目を離したら新小岩駅では
なく、四街道駅になっていると心配しているのだ。相当に疑り深い
性格に違いない。引きこもりの蛇のような目つきだった。

女性は地球が丸いこと、地球が回転していることを信じない。
あるいは、それ自体を知らないのかもしれない。とくに聡明では
なく、とくに綺麗ではなく、とくに疑念の多い女性。

「もし良かったら、お茶でも如何ですか。わたしのことなら心配は
いりません。自分で言うのも何ですが、わたしは英国貴族のように
紅茶とチェスを愛する紳士なんです」と言ったところで、はなから
わたしを疑ってかかり、まったく相手にしないタイプだ。

その女性が歩いたから、または、肩より少し長い亜麻色の髪を手
ですいたから、その両方の原因かは分からなかったが、新しい風
は、わたしの頬をさぁーと撫でた。それと同時に鼻孔についたのは
高級美容院の高級トリートメントのような甘くて寂しい香りだった。

それは何かの終わりを暗示した。優しくて切なくて爽やかな微風だ。
夏の終わり、夜の田園地帯を彷徨うホタルのように寂しい気持ちを
込めて、その気持ちの半分は封印して、わたしは三人のろう者に
(聴こえない人)こう言った(手話)。

「わたしは、次の新小岩駅で降ります」

ほんの一瞬だったが、三人の目には高級黒豆のような潤沢な輝き
が宿った。その輝きは徐々に、喜びと苦しみが交錯した複雑な色彩
へと変わった。わたしに、じりじりとした息苦しさを感じさせた。

サウナ室で砂時計をじっと見つめるような三人の眼差しだった。

b1151f58


総武線の車内にて㉓

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

千葉行きの各駅停車は、東京の中心部から千葉県を目指して走る。
平井駅(江戸川区)〜新小岩駅(葛飾区)〜小岩駅(江戸川区)〜市
川駅(千葉県)という不思議な区割りを股いで、気ままに走っていた。

三人のろう者と手話べり(手話でおしゃべり)できる時間は私の貯蓄
残高のように、どんどん少なくなってきた。時間の進行は、おおむね
不規則である。楽しみの時間は短く、苦しみの時間はやたらと長い。

悪くない。苦しみは人を成長させるという。ただし、何でもそうだが、
何でも例外はある。私の場合は、いつもその手の例外に含まれる。

車掌さん、そんなに急いで新小岩駅へ行かなくても良いんだけど。
さて、こういうのはどうだろう。ゆっくりと徐行しながら、または少し
ばかり停止して、陽光にキラキラ揺らめく荒川(中川)の川面を眺
めてみては。江戸川区から葛飾区への移動を堪能してみては。


インゲンを食べたときのような、まぁまぁ美味しいけど
苦いという顔をしながら、各駅停車はこう言った。


たまにはそうしたいのは、やまやまなんだけど、そうも行かないんだ。
みんながみんな君のような人だったら良いけど、ちょっと遅れただけで
何をやってんだとか、たるんでるんじゃないかとか、総武線またかとか
予定が狂ったとか、烈火のごとく怒りだす人が少なからずいるんだ。
もっとも予定と言ったって、テレビを見る、食って寝るなど、どうせ大した
予定でもないのに。あっ、いまのは、ここだけの話しだけどね。

それにそういう君だって、ときにはそういう人に豹変することがあるよね。
僕は先刻お見通しなんだけど。なんせ、毎日毎日いろいろな人種を嫌と
言うほど、もう飽きるほど腐るほど大勢見ているからね。このあいだなん
か、腐った魚の落し物とかもあったし...。

ある意味においては、ひとを検分する目で僕の右に出るのは....
山手線と京浜東北線くらいかな。ただ彼らは鼻持ちならないんだ。
特に山手線は、ただ同じところをくるくる回っているだけなのに
変なプライド、特権意識があるのだ。

594b2894


記事検索
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ