KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

総武線の車内にて㉒

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

「小岩は、遊びに行くのですか?」

と言った(手話)あと、言わなければ良かったと思った。
いつもながら
愚にもつかない質問を、わたしは三人のろう者に投げかけた。三人は
栃木県から電車に乗って各駅停車の千葉行の車内に座っていたのだ。

たとえ話しの流れはあるにしろ、まったく間の抜けた問いだった。普通に
考えたら、栃木県に住んでいるひとが、小岩に遊びに行くわけがない。

別に小岩を悪くいうつもりはないが、わざわざ2〜3時間もかけて小岩
に遊びに行く場所(観光)はない。強いて言えば、小岩駅にある横綱
栃錦の銅像くらいだ。そのひとは昭和生まれの相撲好きに限られる。

他にも、心そそる場所がない訳ではないのだが、教育委員会とPTA
の役員が顔を曇らせる、あるいは顔を曇らせるフリをするお店の紹介
については、ここでは差し控えよう。

一方、これが逆だったら話しは別である。たとえば、小岩、新小岩に
住んでいる人たちが、栃木県の那須塩原や鬼怒川温泉、日光東照宮
へ遊びに行くことは、ままある。

温泉あり、川下りあり、世界文化遺産あり、湯葉あり、景品が取れない
射的あり、ベテラン芸者あり、温泉まんじゅうあり、紅葉あり、交通渋滞
あり、いろいろある。わたしと家族、昔のわたしと昔のわたしの恋人など
は、これまでの栃木県の観光客総数に複数回は貢献しているのだ。

「小岩は、遊びに行くのですか?」に対して、三人は即座に反応した。
お婆さん二人は、「違う、違う!」という感じで首を横に振った。左端の
お爺さんは、とても簡潔に言った(手話)。「勉強なんですよ!」

「勉強ですか(確認)、お疲れ様です」とわたしは言った(手話)。このとき
わたしは、小岩で勉強するって、いったい何の勉強だろうと思った。

そしてかなり後になってから、「何の勉強ですか、イベントですか?」
と訊けば良かったと、わたしはいつものように悔いた。2017年に
なってから41回目の反省だった。わたしは、反省のベテランなのだ。

cb6fa3cd



総武線の車内にて㉑

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

ミルクを入れすぎたレモンティ、熱湯入れて10分後のカップラーメン
昼食3時〜夕飯6時、無口なカラス、豪華船旅での船酔い。手話初心者
有頂天株式会社 代表取締役の佐藤〇〇のように、中途半端な面々。

いちいち説明するまでもない。そんなことはいつものことだ。
ただ、そのときのわたしは、特に輪をかけて中途半端だった。

中途半端なわたしは、中途半端な手話を、中途半端に駆使していた。
もしろん、一生懸命ではあるけれど。


「わたしは次の新小岩駅で電車を降ります」と三人のろう者への手話
を続けた。「わたしの職場は新小岩です、これから仕事です」。三人は
まるでお孫さんの運動会を見守るような熱心さと不安が交錯した表情
だった。それでも、三人の目はとても優しくて、わたしに十分の安らぎ
を感じさせてくれるものだった。

真ん中のお婆さんの肩にかかる髪に、白いものが少なからず混じって
いた。飾り気のない、さっぱりとした気さくさを、その髪が体現している
ように見えた。

「晴れの日があれば雨の日もある。人生だって同じなのよ。そんなこと
いちいち気にしないで、ご飯をいっぱい食べなさい。はい、おかわり!」
と言って励ましてくれそうなお婆さんに見えた。わたしは亡き祖母を少し
想いだして、少しだけ胸がキュンとした。

電車の揺れに寄り添うように、その髪が少し揺れたとき、お婆さんの目
の奥がキラッと光った。そして、右手を元気よく、やさしくひらひらさせた
(手話=ねぇねぇ〜)。おやつを我慢していた子どもが、しびれを切らし
たときにする、なにかを訴えかける表情だった。

「ちょっと、ちょっと、わたしたちはねぇ〜栃木なのよ!」と手話。

「栃木から来たのですか?」とわたしは手話をした。とても軽やかに
三人は首を縦に振った。肩こりなんか無縁なのよ、と言うように。

「栃木は遠〜いですね。時間かかりましたね」わたしは左手首の時計
を指して(実際は時計はしていないし、いつもしていない)、時計の針
がぐるっと1回転するように手話をした。「大変でしたね」という労いの
表情を、わたしは意図的に浮かべた。

小林捕手が出すサインに肯く菅野投手のように、三人は、また首を縦
に振った。「そうそう、あんたの言う通りだよ」という顔だった。わたしの
出すサイン(手話)は間違っていなかったようだ。「栃木から..お疲れ様
でした」 わたしはサイン(手話)
を立て続けに出した。

「みなさんは、どこへ行くのですか?」

左端に座るお爺さんは、ほんの少しだけ目を細めた。机の引き出しの
奥にある付箋(ふせん)を探すときのように、何かを考えてながら探し
ている表情だった。そして、両手を前に出した。

「小岩へ行くんですよ!」(手話=小さい+岩)

09624e7a





総武線の車内にて

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

 (こぶし)+(パッ) を数えてみたら全部で6個(3人×2)もあった。

三人同時の「おめでとう〜!」という手話だ。三人の手からクラッカー
が飛び出してきたように見えた。三人の笑顔は早春の風のように清々
しく、青空のように突き抜けていた。不純物を一切含まない微笑みだ。
愛媛のポンジュース天然果汁100%のように。

まるで自分のことのように三人は微笑んだ。。そんな顔をされたらもう
ぐしゃぐしゃに泣くのか、くしゃくしゃに笑うか、どちらかしかない。

だから皺だらけの顔で笑った。血流は目覚めた野鼠のように勢いよく
身体は10代のように軽くなり、頭の中は出来の悪いスイカのように、
スカスカに軽くなった。

「おめでとう」って...凄すぎる。こんなに素敵な表現って他にあるだろうか。
これが笑顔の力であり、手話の力だ。そんなこと、こんなこと、いろいろな
ことをわたしは考えた。ついさっきまで卒業式は面倒だと思ってたくせに。

中学を卒業して、そのまま同じ場所にある高校へ入る。いわゆる中高一貫
校だ。素行問題、あるいは、さらにレベルアップを目指すなど例外はあるに
せよ、ほとんどの生徒はエスカレーターに乗ったかのように、気付いたら
高校1年生になっているのだ。そこには、多少の感慨はあっても、涙なんか
は似合わない。

金八先生の卒業式ではない。集団就職して故郷を離れる「あ〜上野駅」
でもない。親の立場として、息子の卒業式にでるという記憶に刻む行為に
すぎない。実際に、そんな記憶が残っていたところで何の役にもたたない
のだが...。トイプードルにつけた純金首輪のように。

いわゆる世間体とか、見栄とか義務とか、そういう類だ。その義務は
加齢とともに年々増大していくように感じるのは、わたしだけだろうか。
それも加齢のせいか、それとも気のせいだろうか。

朝は起きなければいけない。食後はお茶碗を流し台へ運んで水を浸さな
ければいけない。仕事に行かなければいけない。溜め息をついたら反省
しなければいけない。借金は返さなければいけない。卒業式は出席しな
ければいけない。ゴミは分別しなければいけない。ラブレターを貰ったら
返事を出さなければいけないという義務については、ここ40年くらい心配
する状況は発生していないのだが。

むかしは太陽がいっぱい。いまは義務がいっぱい。ところがどうだろう。
そんなわたしに対して、三人は「おめでとう〜!」と祝福したのだ。こん
なにめでたいことはない、と言わんばかりの満面の微笑みを浮かべて。

三人の笑顔は、わたしの気持ちをく簡単にひっくり返した。お好み焼き
を反転させるくらいの微々たる力で。三人の「おめでとう」は、わたしを
嬉しくてたまらないという気持ちにさせてくれた。

これがもし、初対面の聴こえる人だったら、どんな反応だろう。同じように
「おめでとうございます」という言葉はあるかもしれない。ないかもしれない。

どちらにしろ、それはとってつけたおざなりの社交辞令だ。ただ言ったと
いうだけだ。あるいは、言わなければいけなかったからだ。冷めた目の
コンビニ店員が、冷めた目を合わさずに「ありがとうございます」と冷め
た声で言うように。

もし、嬉しくてたまらないという笑顔を浮かべるとしたら、それは仲の良い
恋人や友だち、親族、ごく親しい知人に限られる。こぼれるような微笑を
浮かべる笑顔の優等生は、選挙が近づいた地元の政治家だけなのだ。

わたしたち聴こえる人の多くは、こういうカラカラに乾燥した会話を常として
いる。その多くには表情はない。その会話には、しっとりとした潤いがない。
水分がないところには花は咲かない。水分のない生命体は存在しない。

わたしたちが感情(表情)を表現するのは、身近なひとに限られる。いや
そんなことを言ったら、家族だってろくに顔を見ない、目を見ないで、ただ
会話しているだけではないか。もちろん、わたしも例外ではないのだが。

ところが、手話は違うのだ。

聴こえるひとの多くにありがちな、言ってることと腹の中が違うことは
聴こえないひと(ろう者)にはない。だから、だから、手話は素晴らしい。

手話を学習して、ろう者と手話で話しをすると、裏表のない会話になる。
聴こえるひとが忘れてしまった、心を伝える会話が手話にはあるのだ。

わたしたちの会話は、いつのまにか屈折してしまった。そういうものに
慣れきってしまい、慣らされてしまい、私たちは大人になってしまった。
そのことに、ほとんどの人は気付いていない。もちろん、わたしの人生
のほとんどは、なにも気付かないで今日に至るわけだが。

手話に惹かれる。だから、手話を学んでいる。手話には表情
があり、表現があり、水分があり、潤いがあり、生命体がある


f7d22e00





















記事検索
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ