KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

総武線の車内にて

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

土曜日の午前11時を少し過ぎていた。

靴先を踏まれたと目を三角にするサラリーマンはいない。
鞄を小脇に抱えて線路上を走って逃げる痴漢男もいなかった。

緩やかな風に背中を押されて電車は走り、土曜日が所有する
時間は緩やかに流れていた。さらにわたしの個人所得と二日
酔いは、緩やかな下方曲線を描きながら、最底辺を目指して
順調に進んでいた。

JR総武線の各駅停車は、直近目標の平井駅を目指していた。
江東区と江戸川区の交錯した風の中を、気ままに走る電車。

進行方向の左手(北側)に三人専用座席がある。全盛期の
大関小錦がその座席に座れば、三人分を独占するのだが
それは心配無用だった。車両には小錦、曙、高見山、人間
山脈アンドレや、日本海から上陸したばかりの水もしたたる
いい怪物ケムール人はいない。(ある意味、それは残念だ)

上空から戦闘機の機銃照射もなく、テロリストの化学兵器の
持ち込みもない。窓の外を飛んでいるアンパンマンを探して
土足靴を上下にブラブラさせる子供もいないし、吐しゃ物を
ぶちまけようとチャンスを狙っている酒飲みオヤジもいない。

ただし、春の園遊会の招待客とは少し異なる。ずり落ちそう
に浅く座席に座り、車内の南北境界線まで長くない足を延ば
す女、酒のカクヤスみたいに安っぽいピンクシャツを着た万
引犯のような不審な目を持った男がいた。それは褒められた
ものではないが、深刻な問題とまでは言えない。ようは、気
にしなければ良いだけのことだ。

おおむね、各駅停車を取り巻く環境は、平和そうに見えた。
尾瀬沼の水面を天使の羽で撫でる、さざ波のように。

このような状況は、あらゆる面で、わたしにとっての好都合
だった。さらに好都合だったのは、そこに座っていた三人。
いや、日本語として正しくは、幸運だったというべきだ。

三人専用席に座っていたのは、お爺さん、お婆さん、お婆さん。
その様子は、見るからに仲良しで、見るからに楽しそうだった。
三人は手話を使っていた。三人はろう者(聴こえない人)だった。

三人専用席の正面(反対側)に、まったく同じ三人専用席。
その座席の左端がタイミングよく空いて、そこに私は座った。

正面の座席、同じ目線に、三人のろう者が座っていた。

三人のろう者に対して、私が話しかけるには
この上ない絶好のポジショニングだった。

7a72cdc7


総武線の車内にて

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

ところが、男のとった行動は....わたしの想定外だった。

口をへの字にして歩く男は、3歩目に突然クルッと反転した。
黒パーカーの仕上がり具合と哀愁を漂わせた背中を、何か
の記念硬貨と同じように、まったく興味も関心もないわたし
に対して、たっぷりと披露してくれた。

「夢は探すものではなく自分で創りだすもの」という黄金律を
いつかは、誰かが、丁寧に根気強く男に説明すべきなのだ。
ただそれは、今ではない。もしろん、わたしではない。

生まれたばかりの赤ん坊を扱うように、電車はとても柔らかく
ブレーキ踏み、亀戸駅に滑り込む。世界から見放された男は
亀戸天神の亀のような無表情な顔で、ドアに向かって歩く。

車窓から射し込む陽光は、去りゆく悪役へ餞別(せんべつ)
のスポットライトのように、黒パーカーを照らしていた。その
とき、車内の温度が僅かに上がったように、わたしは感じた。

亀戸駅で停車した。ドアが開いた。男は電車を降りる。ドア
が閉まる。男は亀戸駅のホームを歩く。「政治家なんて誰が
やっても同じじゃん」 を口癖にしている共通の人相だ。

ホームで気ままに遊んでいた空気は、ここが勝負とばかりに
勢いよく車内に強行侵入してきた。その結果、油断していた
車内の空気の半分は、あっけなく車外に追い出された。
「 古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲し
がるもんでございます 」 鶴田浩二「傷だらけの人生」
新しいほうの空気を選別して、わたしは肺に吸い込んだ。

ろう者とわたしと見知らぬ人間を乗せた電車は、不満を背中
に貼りつけた男を、うしろから追い抜いた。いったい、だれが、
ろう者と男に心を寄せただろうか。もちろん、わたしは違った。
私だけは違った。ろう者にも、黒パーカーにも、関心があった。

ろう者の手話は読み取れなかったが、男の冷淡な視線は読
み取れた(理解)。それは、わたしにとって簡単なことだった。
手のひらの埃(ほこり)を、ふ〜と吹き飛ばすくらいに。

男は、男の座った座席にわたしを座らせたくなかった。学校
が気に入らない。世の中が気に入らない。わたしが気に入ら
ない。なるほど、その男の気持ちはよく分かる。オッケーだ。
なにを隠そう、このわたしだって、わたしが気に入らないのだ。

遠ざかる男の背中に向かい、私は「ありがとう」と小声で呟いた。
昨夜の酒で10年老け込んでいたが、一瞬で8年分を取り戻すこと
に成功した。私の人生において、数少ない成功のひとつだった。

わたしは3秒未満で、素早くその席に座った。男の示してくれた
優しくひねくれた気持ちを、絶対に無駄にしてはいけないのだ。
座席には、男の残していった体温が残っていた。性格の悪い
ヒヨコのように、どんなに心は冷たくても、お尻は温かいのだ。

となりの座席(真ん中)に座っていたオバサンは、いかにもオバ
サンらしい露骨に悔しそうな顔を浮かべた。ガストに3時間以上
いるタイプだ。オバサンは、私の座った隅の席に移動したかった。
大昔の少女(オバサン)に、運動不足の説明は不要だった。
その魅力的なお尻を持ち上げるのは、9秒間の大仕事なのだ。

世界中のすべての風は、わたしの背中を押していた。

やらしさにあふれた微笑みを、わたしは我慢できなかった。


yjimage

総武線の車内にて

2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

立ち上がった男は、ドライアイスのように冷ややか、攻撃的
な目で、まるで親の仇のように、わたしを睨(にら)みつけた。
もちろん、わたしは、その男の親とは何の面識もないのだが..。

そして男は、わたしに向かって、大股で、2歩踏み出した。

この男は一体何に腹を立てているのだろう。私は、混乱した。
とにかくここは、お互いに冷静になり、平和的解決のために、
胸襟(きょうきん)を開いて、話し合うべきだ。

ただお友達になるには、ハードルは高そうだった。男の短距離
ミサイルは、すでにわたしに向かって発射の秒読み段階だった。
どちらにしろ、スキップしたくなる、心が躍る状況ではなかった。

その一方で、そのときわたしは、別の感情が発生した。縦揺れ
のように下から身体を突き動かす、心地よい刺激を感じていた。

頭のネジが数本、または全部が外れてしまった人間と、トラブル
になるなんて、まっぴらごめんだった。ただ、男がいきなり先制
攻撃を仕掛けた場合は、お話しは違ってくる。個人的な緊急災害
時の対応と、その後のストーリーの再構築は、差し迫った喫緊の
問題だった。その問題が、私の心拍数を急速に押し上げていた。

日本国憲法の拡大解釈によれば、自分の身を守る為の自衛行動
は許される。もちろん、あるポイントを超えないところまでだが.....。

最初の一発が、右か左かは分からない。分かるわけがなかった。
ただそれを冷静に見極める。最初のパンチさえ、外せばいいのだ。
あとは体重を乗せた、優しさと無情さと、ひとを外見で判断しては
いけないという教訓を、たっぷりと注ぎ込んだ右ストレートをたった
1発打つだけで、杞憂や憂いや不安の全部が消滅するはずだった。

思わぬときに、思わぬ場所で、ボクシングの実践練習が始まろうと
していた。馴染みのキャバ嬢のように、わたしが相手を指名した訳
ではない。向こうから、練習相手として名乗りを上げてきたのだ。

不届き者に正義の鉄槌を。総武線の平和を善良市民が取り戻す。
わたしには大義名文があった。かなり強引だったかもしれないが。
(さらに、ジムの会長に叱られるのも間違いない)

 いまここで、わたしは笑ってはいけない。笑顔を抑えるために
私は真剣に、顔面の筋肉を意識的に硬直させる努力をしていた。

ところが、男のとった行動は....わたしの想定外だった。

20150922-121058-1-0000


記事検索
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ