03月01日(日)  REST・昨夜は新橋でお酒を飲んだ。今朝は何もしなかった
03月02日(月)  08キロジョグ58分・休み明けは走り始めがイマイチなんです
03月03日(火)  11キロジョグ58分・10キロ50分OK、これマジで限界ギリギリ
03月04日(水)  04キロジョグ30分・ここからは体調管理と筋力維持が大切
03月05日(木)  05キロジョグ40分・久し振りに屋外で走る、舗装道路慣らし
03月06日(金)  03キロジョグ20分・慣らし×(屋外+時計+靴+空気+心)
03月07日(土)  04キロジョグ28分・少し小雨交じりだったが、大丈夫ですよ
03月08日(日)  ハーフマラソン1時間54分・かなりバテたけど、脚はOK
03月09日(月)  REST・疲れているのにあまり眠れなかった、明日からだ
03月10日(火)  REST・ぐっすりと8時間睡眠、まだまだ右脚がパンパンだ

03月11日(水)  ウォーキング3キロ・まずは脚慣らし、歩く分には問題なし
03月12日(木)  ウォーキング6キロ・歩いてサウナと買い物、すっきりしたぁ
03月13日(金)  05キロジョグ42分・ふくろはぎが少し痛い、13日の金曜日
03月14日(土)  06キロジョグ48分・脚は大丈夫、4月からは強度を上げたい
03月15日(日)  07キロジョグ53分・これから半分は芝を走るように心掛ける
03月16日(月)  12キロジョグ72分・今朝ジョグは希望を感じた、まだ出来る
03月17日(火)  REST・予定通りの休み、余裕を持たせながら上げていく
03月18日(水)  15キロジョグ95分・「風に立つライオン」鑑賞、ギター教室
03月19日(木)  10キロジョグ64分・予定はゆっくり走るつもりだったのに〜
03月20日(金)  10キロジョグ80分・疲労抜きジョグは真剣にやりましょう!

03月21日(土)  REST・脚は痛くないけど喉が痛い、私が風邪をひいた?
03月22日(日)  REST・やっぱり風邪だわ、しんどいピークに向かっている
03月23日(月)  REST・仕事休む、38℃を超える、私のサクラ散っている
03月24日(火)  REST・やっと回復基調に、平熱に戻る、あと2日で治す
03月25日(水)  REST・食っちゃ〜寝ぇ〜食っちゃ〜寝ぇ〜ときどき読書
03月26日(木)  REST・頭の方はもともとなんだけど、声もおかしくなった
03月27日(金)  REST・はやく走りたい、スピードの速さでなく早い時期
03月28日(土)  REST・久し振りのストレッチと筋トレ、なが〜い風邪だ
03月29日(日)  05キロジョグ38分・まだ風邪ひきさんだけど、走っちゃた
03月30日(月)  10キロジョグ74分・走ったあとに朝食〜頭痛〜仮眠60分
03月31日(火)  REST・ついに病院へ、結果はタダの風邪、有料の風邪

03/01〜03/10=ジョグ07日間56キロJog
03/11〜03/20=ジョグ07日間65キロJog
03/21〜03/31=ジョグ02日間15キロJog

2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)
02月ジョグ17日間147キロJog(  335K)
03月ジョグ16日間136キロJog(  471K)

東京のソメイヨシノが本格的になった。私の風邪も本格的になった。
金曜日には、雨の後楽園球場で熱唱したマーク・ファーナー(GFR)の
ように全天候型ハスキーヴォィスに、土曜日は10kgの鉛を飲み込んだ
フランケンシュタインのように、わたしの身体がずっしりと重たくなった。

花粉症のように鼻ずるずる日曜日の朝、夜になったら12歳少年みたい
に中途半端な声変り、そして月曜日は熱が38.4℃まであがり、わたしの
風邪は靖国神社の桜より早く一気に満開になった。登って行くときは
ゆっくりだが、転げ落ちるときはグンと加速がつく。それが私の魅力だ。
自分を称してプレミアム(本物)とは言わないが、やや控えめに言っても
わたしは本格的な状態になった。しかし、本格的には問題もあった。
いやむしろ、育ちの悪いミケ猫のお尻のまわりみたいに、問題だらけだ。

本格的な風邪の場合は本格的なランニングができない。本格的ではない
風邪でも本格的ランニングは出来ないし、本格的ではないランニングさえ
難しい。ただ走れない、それだけではなかった。食べること然りである。
いまの私が本格的な高級中華料理を食べたとして、ツバメの巣と蜘蛛の巣
肉団子と泥団子の区別さえつかない。このように味覚がない私に、赤坂の
四川飯店ご一緒しませんかと、麗しのサブリナから誘われることはない。
(いつもそうだが、わたしは、つまらないことばかり書いている)

3月29日(日)
このところ元気がないカンバヤシ君みたいに、私の体調がカンバシクない。
仕方がないので、体調(隊長)の代わりに、副隊長に5疏ってもらった。
本当は隊長に、いや体調に戻ってきてほしい。
(今日のわたしは、やっぱりつまらない。つまっているのは、私の鼻だけだ)

3月30日(月)
5時30分から10疏る〜7時30分朝食、8時〜9時 頭痛のため仮眠する

3月31日(火)
風邪のときに10疏る馬鹿がどこにいるんだ?と質問されたら、わたしは
自信をもって答よう。YES IT'S ME  そうです、それはわたしです!

銀縁の眼鏡をかけている髪がサラサラの医師だった。年齢は30代だろう。
メガネの奥の律儀そうな目に、少しの戸惑いと明確な嘲笑が浮かんだ。
「10舛任垢.....凄いですね」と言ったが、それは本心とは違う、なにか
ザラザラしているものが含んでいる声色だった。数秒間の間があった。
医師はカルテを見ながら、ノック式ボールペンを右手の親指でカチャカチャ
と続けて3回押した。それが何かしら意味のある動作だと思わなかったので
わたしは何も言わずに続きを待った。真っ黒なサラサラ髪、真っ白の白衣を
着た医師は、私の目を力強く見ながら、キッパリとした口調で、こう言った。
「風邪のときは身体が弱っていますので、運動はしない方がいいですね」
患者を尊重するために本心をオブラートに包んだ、模範的な話し方だった。

メガネ先生、それは分かってます。でもランニングは運動ではありません。
少なくても私にとってはですが......(それでは、ランニングは何ですか?)
もちろん、ランニングは生活の一部です。朝食を食べるのと同じなんです。

わたしは上記のように言い返そうと思ったが.......言わない方を選択した。
わたしの思考は、たまによく、間違いがある。

人間は好んで自分の病気を話題にする。
彼の生活の中で一番面白くないことなのに。
チェーホフ(19世紀ロシアの劇作家・小説家、1860〜1904)『手帖』

08fbfba878d09f93cab0e79c25c69736