KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

2015年02月

10 days(42)半分(ハーフ)だけどわたしは完走できる

02月01日(日)  11キロジョグ95分・この距離、この速度、この親爺
02月02日(月)  11キロジョグ95分・まったく問題はないと断言する
02月03日(火)  REST・予定通りの休み、夜明けのギター練習
02月04日(水)  5キロジョグ45分・ふくろはぎが再痛して切り上げる
02月05日(木)  REST・フォーム、シューズ、右傾斜コースの再考
02月06日(金)  REST・今日は痛くないけど、まだまだ安心できない
02月07日(土)  REST・普段はOK、伸ばすと奥の方が少し痛い
02月08日(日)  3キロジョグ27分・走っているときは何ともないのに
02月09日(月)  REST・昨日より今日の方が痛いのは何故かしら
02月10日(火)  REST・2つの痛みを抱えること、これも勉強かしら

02月11日(水)  REST・歩いているときに、右脚が引き攣る、トホホ
02月12日(木)  REST・ほんの少しだけ痛い、快方にむかっている
02月13日(金)  REST・やっと痛みが消えた、そろそろ走れるか?
02月14日(土)  03キロジョグ27分・大丈夫です、ゆっくりと急ぎたい
02月15日(日)  07キロジョグ60分・なんともないけど、あと3週間だわ
02月16日(月)  10キロジョグ87分・走後に、少し左脚が張るかんじ
02月17日(火)  REST・22時就寝〜5:30起床、悪くないけど休養
02月18日(水)  10キロジョグ87分・やっぱり走後に左足が硬くなる
02月19日(木)  10キロジョグ87分・昨日より今日のほうが良いです
02月20日(金)  10キロジョグ76分・汐留国際マラソン招待選手に?

02月21日(土)  10キロジョグ72分・快調だ、やっと戻ってきたかんじ
02月22日(日)  10キロジョグ66分・スピードによって発汗が全然違う
02月23日(月)  10キロジョグ71分・やばい、もっと追い込みたくなる
02月24日(火)  12キロジョグ75分・10キロ60分はOK、まだ出来る?
02月25日(水)  REST・わたしのファンはいないがフアン(不安)ない
02月26日(木)  10キロジョグ66分・「アメリカンスパイナー」古代の湯
02月27日(金) 03キロジョグ20分・キロ5分走は2キロしか出来なかった
02月28日(土)  12キロジョグ70分・キロ5’30”×10K=なんとかクリア!

02/01〜02/10=ジョグ04日間30キロJog
02/11〜02/20=ジョグ06日間50キロJog
02/21〜02/28=ジョグ07日間67キロJog

2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)
02月ジョグ17日間147キロJog(  335K)
2014年
01月ジョグ22日間110キロJog(  110K)
02月ジョグ20日間129キロJog(  239K)
03月ジョグ26日間200キロJog(  439K)
04月ジョグ26日間240キロJog(  679K)
05月ジョグ24日間240キロJog(  919K)
06月ジョグ06日間043キロJog(  962K)
07月ジョグ10日間044キロJog(1006K)
08月ジョグ10日間056キロJog(1062K)
09月ジョグ10日間087キロJog(1149K)
10月ジョグ08日間032キロJog(1181K)
11月ジョグ26日間235キロJog(1416K)
12月ジョグ22日間260キロJog(1676K)

茶の湯を体験したウイリアム王子のように今朝のわたしは気分が爽快だった。
蔵前橋通りには馬糞(ばふん)がなかった。わたしの周りには花粉もなかった。
昨日と今日の私はパッと見は似ているようだが、中身がまったく違っていた。
京都先斗町と富士の高根に降った雪のように、溶けて流れたら、そこにある
すべてが、すべて同じではなかったのだ。

2月20日(金)になってから、わたしの貯蓄残高と同じように、それまでの不安
が急速に減少してきた。しかし、いかんせん残すところあと2週間しかなかった。
5年振りに参加するハーフマラソンが、お化け屋敷のお岩さんみたいに、わたし
の目の前に迫ってきた。こらからの1週間練習が重要なのは、番町皿屋敷の
恐怖と同じように、いまさら私が説明するまでもない。さぁ〜て、どうするんだ。

まず頭に浮かんだのは、10キロの距離を60分で走ることだった。これが出来たら
足のない幽霊ではなくて、わたしは私の足でゴールまで走ることができる。
この現象のことを、マラソンに携わる陸上関係者は、いちおうに完走と言う。

そう、たとえ半分(ハーフ)とは言え、わたしは完走できるのだ。チョコレートパフェ
を食べてる人を、ただ指をくわえて見てきた(4年間)わたしにとって、完走という
2文字のモチベーションはスーパーチョコパフェみたいに甘くてバカでかいのだ。

02月24日(火) キロ6’00”×10K=やったぜベイビー、クリアASAHI(疲)
02月27日(金) キロ5分走は2キロしか出来なかった、このグズ野郎が(怒)
02月28日(土) キロ5’30”×10K=なんとか、なんちゃって、クリアしたぜ(嬉)
(注意事項:上記はすべてトレッドミル走)

人間は本来、瞬間瞬間に爆発しつづけるべきだ。
その瞬間にベストを尽くすこと。
現在に、強烈にひらくべきだ。
未練がましくある必要はないのだ。
岡本太郎(芸術家、1911〜1996)

katsushika_fureai_run_20141104_01

10 days(41)君よ、人生の主役たれ!

02月01日(日)  11キロジョグ95分・この距離、この速度、この親爺
02月02日(月)  11キロジョグ95分・まったく問題はないと断言する
02月03日(火)  REST・予定通りの休み、夜明けのギター練習
02月04日(水)  5キロジョグ45分・ふくろはぎが再痛して切り上げる
02月05日(木)  REST・フォーム、シューズ、右傾斜コースの再考
02月06日(金)  REST・今日は痛くないけど、まだまだ安心できない
02月07日(土)  REST・普段はOK、伸ばすと奥の方が少し痛い
02月08日(日)  3キロジョグ27分・走っているときは何ともないのに
02月09日(月)  REST・昨日より今日の方が痛いのは何故かしら
02月10日(火)  REST・2つの痛みを抱えること、これも勉強かしら

02月11日(水)  REST・歩いているときに、右脚が引き攣る、トホホ
02月12日(木)  REST・ほんの少しだけ痛い、快方にむかっている
02月13日(金)  REST・やっと痛みが消えた、そろそろ走れるか?
02月14日(土)  03キロジョグ27分・大丈夫です、ゆっくりと急ぎたい
02月15日(日)  07キロジョグ60分・なんともないけど、あと3週間だわ
02月16日(月)  10キロジョグ87分・走後に、少し左脚が張るかんじ
02月17日(火)  REST・22時就寝〜5:30起床、悪くないけど休養
02月18日(水)  10キロジョグ87分・やっぱり走後に左足が硬くなる
02月19日(木)  10キロジョグ87分・昨日より今日のほうが良いです
02月20日(金)  10キロジョグ76分・汐留国際マラソン招待選手に?
 
02/01〜02/10=ジョグ04日間30キロJog
02/11〜02/20=ジョグ06日間50キロJog

2014年
01月ジョグ22日間110キロJog(  110K)
02月ジョグ20日間129キロJog(  239K)
03月ジョグ26日間200キロJog(  439K)
04月ジョグ26日間240キロJog(  679K)
05月ジョグ24日間240キロJog(  919K)
06月ジョグ06日間043キロJog(  962K)
07月ジョグ10日間044キロJog(1006K)
08月ジョグ10日間056キロJog(1062K)
09月ジョグ10日間087キロJog(1149K)
10月ジョグ08日間032キロJog(1181K)
11月ジョグ26日間235キロJog(1416K)
12月ジョグ22日間260キロJog(1676K)
2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)

いままでにどれほど、どれくらい、どれだけ修正しだろう。
震える闇夜を数えたら、手足の指を足しても足りないリアル。
復活の青写真とは、思い通りに現像できない”フッカツ写真”。
それでも身体がしんしんと凍りつくときは、札幌雪祭りのように
井上陽水のように、それはそれで幻想的な氷の世界がある。

わたしは評論家ではない。そして、わたしは傍観者ではない。
(年齢の割には、見た目が1〜2年若いだけの不動産屋である)
この舞台が居眠りするほどに退屈であったとして、そこに観客が
誰ひとりいなくなったとして、わたしのスタンスが変わることはない。
これからも、何度でも、わたしは舞台に上がり続けようとする。
あと2週間に迫ったスタートライン、これがわたしの、ブ・タ・イ。

アランは幸福の例として芝居をあげる。
つまらない芝居を見ると退屈する。
しかし、自分が芝居に出る時にはつまらない芝居でも退屈しない。
だから、「幸せになりたい人は舞台に上がらなくてはならない」
幸福を得るためには、人生の主役になって、前向きに努力する
ことが何より大切だ。もちろん、努力は苦しいことでもある。
しかし、人は苦しさを乗りこえた時こそ、幸福を感じる。
棚ぼた式の幸せはありえない、とアランは記した。
NHKテレビ 100de名著より アラン「幸福論」について

132079769456813118097

10 days(40)2つの緊急時精神的アイシング

02月01日(日)  11キロジョグ95分・この距離、この速度、この親爺
02月02日(月)  11キロジョグ95分・まったく問題はないと断言する
02月03日(火)  REST・予定通りの休み、夜明けのギター練習
02月04日(水)  5キロジョグ45分・ふくろはぎが再痛して切り上げる
02月05日(木)  REST・フォーム、シューズ、右傾斜コースの再考
02月06日(金)  REST・今日は痛くないけど、まだまだ安心できない
02月07日(土)  REST・普段はOK、伸ばすと奥の方が少し痛い
02月08日(日)  3キロジョグ27分・走っているときは何ともないのに
02月09日(月)  REST・昨日より今日の方が痛いのは何故かしら
02月10日(火)  REST・2つの痛みを抱えること、これも勉強かしら

02/01〜01/10=ジョグ04日間30キロJog

2014年
01月ジョグ22日間110キロJog(  110K)
02月ジョグ20日間129キロJog(  239K)
03月ジョグ26日間200キロJog(  439K)
04月ジョグ26日間240キロJog(  679K)
05月ジョグ24日間240キロJog(  919K)
06月ジョグ06日間043キロJog(  962K)
07月ジョグ10日間044キロJog(1006K)
08月ジョグ10日間056キロJog(1062K)
09月ジョグ10日間087キロJog(1149K)
10月ジョグ08日間032キロJog(1181K)
11月ジョグ26日間235キロJog(1416K)
12月ジョグ22日間260キロJog(1676K)
2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)

診察台の白い天井をざっと見渡してから、わたしは目を閉じた。
泣く子も(黙る)大泣きする、お決まりの電気モーター音がわたしの
鼓膜を刺激してきた。もっとも聴きたくないベスト10に、”黒板に爪”
と一緒に必ず入る常連が、”ウィ〜ン”という音だ。このウィ〜ンは
少年合唱団ではない。ウィ〜ンはイントロに過ぎない。そこ(肉体)
に触れた瞬間、ウィ〜ンからグゥガガァガァーギィギィギィーになる。

わたしは口を馬鹿みたいに大きく開けていたが、冷蔵庫の中でかく
れんぼをしている悪魔のように、両目はぎゅ〜っと強く閉じていた。
モーターがわたしに近づいたときに、白髪の医師がマスク越しに
声を掛けた。”どうしても我慢ができないときは左手を上げて下さい”
わたしはすぐに左手を上げたい衝動を抑えながら、”ふぅあ〜い”、
くぐもった声を口を開けたまま何とか空気中に押し出した。

私の根性よりも固いものに電気モーターの先端が触れた瞬間だった。
グッガガァガァーと研磨音が響くと同時に、わたしの繊細な神経が
声にならない悲鳴をあげる。左手は上げないかわりに、私は左手で
右手を強くつねった。自分自身で自分を傷つける、自傷行為だった。
こっちの痛み(つねる)で、あっちの痛み(電気モーター)を忘れたいと
わたしは思った。無駄だった。その結果は、どちらとも相当に痛かった。

近くにある花瓶(かびん)で口を殴られるような痛みを”近く花瓶”という。
この症状を専門家は”知覚過敏”と総称する。冷たいものが歯に沁みる
ので1週間前から歯科医院に通院していた。ところが昨日の午後だった。
ひれかつ定食を食べて職場に戻った10分後に、激しい歯茎の鈍痛に
急襲されたのだ。わたしは
背中をしゃんとする姿勢が保持できなかった。
ジグソーパズルに集中できない、フラッシュの袋とじを開封する気にさえ
なれない痛みだった。両手で頭を抱えて我慢すること5分間、そしてさらに
10分後に、わたしは歯科医院の診察台で干からびた絶命寸前のカエル
のように、茫然と仰向けになっていた。

麻酔注射を連続して打たれて、口中が痺れて、わたしの頭も痺れてきた。
奥歯を削られ、心が削られ、歯に穴が空き、心にぽっかりと穴が空いた。
スカスカになった心でありながら、わたしはあることを冷静に考えていた。

ふくろはぎが痛くて走れない、そんなことは、どうでもいいことだった。
身体の中に同時に2つの痛みを抱えているときに、より痛い方に神経が
集中されるので、もう1つの痛みのことは、この際はどうでも良かった。

わたしは大丈夫だ。こういう状態のときの自己防衛方法を私は知っている。
停滞(ストレス)を感じたときにする、2つの緊急時精神的アイシングだ。

この停滞(ストレス)は、わたしにとって意味がある。
この停滞(ストレス)は、わたしが進んでいく道中の途中地点なのだ。

停滞も自分だと思えればただのドライブですね。
藤井隆(お笑いタレント、司会者、1972〜)「アイモカワラズ」

56a7a9df64da0f28f89fd088beef18ca3f297c32_81_2_9_2
記事検索
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ