KAZUの完全復活を目指して

平成23年1月1日元旦の午前1時 年越しJOGの途中で転倒して大怪我をした。 大腿部と手首の骨折〜救急車の搬送〜2回の入院と手術を経て2月9日に退院。 そして退院後のリハビリ通院は79回をもって、平成23年6月29日に終了した。 さぁこれから、ここから、どこまで出来るのか、本当に復活(完全)出来るのか? 本気でヤルのか、情熱を注げるのか、そして過去を超えられるのか? 質問と疑問に対して、正々堂々と、決して逃げずに、答えを出してみよう。 こういう人生を、こういう生き方を、思い切り楽しんでみよう。 KAZUさんよ、タイトルに負けるなよ!

2015年03月

10 days(45)朝食を食べるのと同じなんです

03月01日(日)  REST・昨夜は新橋でお酒を飲んだ。今朝は何もしなかった
03月02日(月)  08キロジョグ58分・休み明けは走り始めがイマイチなんです
03月03日(火)  11キロジョグ58分・10キロ50分OK、これマジで限界ギリギリ
03月04日(水)  04キロジョグ30分・ここからは体調管理と筋力維持が大切
03月05日(木)  05キロジョグ40分・久し振りに屋外で走る、舗装道路慣らし
03月06日(金)  03キロジョグ20分・慣らし×(屋外+時計+靴+空気+心)
03月07日(土)  04キロジョグ28分・少し小雨交じりだったが、大丈夫ですよ
03月08日(日)  ハーフマラソン1時間54分・かなりバテたけど、脚はOK
03月09日(月)  REST・疲れているのにあまり眠れなかった、明日からだ
03月10日(火)  REST・ぐっすりと8時間睡眠、まだまだ右脚がパンパンだ

03月11日(水)  ウォーキング3キロ・まずは脚慣らし、歩く分には問題なし
03月12日(木)  ウォーキング6キロ・歩いてサウナと買い物、すっきりしたぁ
03月13日(金)  05キロジョグ42分・ふくろはぎが少し痛い、13日の金曜日
03月14日(土)  06キロジョグ48分・脚は大丈夫、4月からは強度を上げたい
03月15日(日)  07キロジョグ53分・これから半分は芝を走るように心掛ける
03月16日(月)  12キロジョグ72分・今朝ジョグは希望を感じた、まだ出来る
03月17日(火)  REST・予定通りの休み、余裕を持たせながら上げていく
03月18日(水)  15キロジョグ95分・「風に立つライオン」鑑賞、ギター教室
03月19日(木)  10キロジョグ64分・予定はゆっくり走るつもりだったのに〜
03月20日(金)  10キロジョグ80分・疲労抜きジョグは真剣にやりましょう!

03月21日(土)  REST・脚は痛くないけど喉が痛い、私が風邪をひいた?
03月22日(日)  REST・やっぱり風邪だわ、しんどいピークに向かっている
03月23日(月)  REST・仕事休む、38℃を超える、私のサクラ散っている
03月24日(火)  REST・やっと回復基調に、平熱に戻る、あと2日で治す
03月25日(水)  REST・食っちゃ〜寝ぇ〜食っちゃ〜寝ぇ〜ときどき読書
03月26日(木)  REST・頭の方はもともとなんだけど、声もおかしくなった
03月27日(金)  REST・はやく走りたい、スピードの速さでなく早い時期
03月28日(土)  REST・久し振りのストレッチと筋トレ、なが〜い風邪だ
03月29日(日)  05キロジョグ38分・まだ風邪ひきさんだけど、走っちゃた
03月30日(月)  10キロジョグ74分・走ったあとに朝食〜頭痛〜仮眠60分
03月31日(火)  REST・ついに病院へ、結果はタダの風邪、有料の風邪

03/01〜03/10=ジョグ07日間56キロJog
03/11〜03/20=ジョグ07日間65キロJog
03/21〜03/31=ジョグ02日間15キロJog

2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)
02月ジョグ17日間147キロJog(  335K)
03月ジョグ16日間136キロJog(  471K)

東京のソメイヨシノが本格的になった。私の風邪も本格的になった。
金曜日には、雨の後楽園球場で熱唱したマーク・ファーナー(GFR)の
ように全天候型ハスキーヴォィスに、土曜日は10kgの鉛を飲み込んだ
フランケンシュタインのように、わたしの身体がずっしりと重たくなった。

花粉症のように鼻ずるずる日曜日の朝、夜になったら12歳少年みたい
に中途半端な声変り、そして月曜日は熱が38.4℃まであがり、わたしの
風邪は靖国神社の桜より早く一気に満開になった。登って行くときは
ゆっくりだが、転げ落ちるときはグンと加速がつく。それが私の魅力だ。
自分を称してプレミアム(本物)とは言わないが、やや控えめに言っても
わたしは本格的な状態になった。しかし、本格的には問題もあった。
いやむしろ、育ちの悪いミケ猫のお尻のまわりみたいに、問題だらけだ。

本格的な風邪の場合は本格的なランニングができない。本格的ではない
風邪でも本格的ランニングは出来ないし、本格的ではないランニングさえ
難しい。ただ走れない、それだけではなかった。食べること然りである。
いまの私が本格的な高級中華料理を食べたとして、ツバメの巣と蜘蛛の巣
肉団子と泥団子の区別さえつかない。このように味覚がない私に、赤坂の
四川飯店ご一緒しませんかと、麗しのサブリナから誘われることはない。
(いつもそうだが、わたしは、つまらないことばかり書いている)

3月29日(日)
このところ元気がないカンバヤシ君みたいに、私の体調がカンバシクない。
仕方がないので、体調(隊長)の代わりに、副隊長に5疏ってもらった。
本当は隊長に、いや体調に戻ってきてほしい。
(今日のわたしは、やっぱりつまらない。つまっているのは、私の鼻だけだ)

3月30日(月)
5時30分から10疏る〜7時30分朝食、8時〜9時 頭痛のため仮眠する

3月31日(火)
風邪のときに10疏る馬鹿がどこにいるんだ?と質問されたら、わたしは
自信をもって答よう。YES IT'S ME  そうです、それはわたしです!

銀縁の眼鏡をかけている髪がサラサラの医師だった。年齢は30代だろう。
メガネの奥の律儀そうな目に、少しの戸惑いと明確な嘲笑が浮かんだ。
「10舛任垢.....凄いですね」と言ったが、それは本心とは違う、なにか
ザラザラしているものが含んでいる声色だった。数秒間の間があった。
医師はカルテを見ながら、ノック式ボールペンを右手の親指でカチャカチャ
と続けて3回押した。それが何かしら意味のある動作だと思わなかったので
わたしは何も言わずに続きを待った。真っ黒なサラサラ髪、真っ白の白衣を
着た医師は、私の目を力強く見ながら、キッパリとした口調で、こう言った。
「風邪のときは身体が弱っていますので、運動はしない方がいいですね」
患者を尊重するために本心をオブラートに包んだ、模範的な話し方だった。

メガネ先生、それは分かってます。でもランニングは運動ではありません。
少なくても私にとってはですが......(それでは、ランニングは何ですか?)
もちろん、ランニングは生活の一部です。朝食を食べるのと同じなんです。

わたしは上記のように言い返そうと思ったが.......言わない方を選択した。
わたしの思考は、たまによく、間違いがある。

人間は好んで自分の病気を話題にする。
彼の生活の中で一番面白くないことなのに。
チェーホフ(19世紀ロシアの劇作家・小説家、1860〜1904)『手帖』

08fbfba878d09f93cab0e79c25c69736

10 days(44)わたしがマラソンを目指す理由

03月01日(日)  REST・昨夜は新橋でお酒を飲んだ。今朝は何もしなかった
03月02日(月)  08キロジョグ58分・休み明けは走り始めがイマイチなんです
03月03日(火)  11キロジョグ58分・10キロ50分OK、これマジで限界ギリギリ
03月04日(水)  04キロジョグ30分・ここからは体調管理と筋力維持が大切
03月05日(木)  05キロジョグ40分・久し振りに屋外で走る、舗装道路慣らし
03月06日(金)  03キロジョグ20分・慣らし×(屋外+時計+靴+空気+心)
03月07日(土)  04キロジョグ28分・少し小雨交じりだったが、大丈夫ですよ
03月08日(日)  ハーフマラソン1時間54分・かなりバテたけど、脚はOK
03月09日(月)  REST・疲れているのにあまり眠れなかった、明日からだ
03月10日(火)  REST・ぐっすりと8時間睡眠、まだまだ右脚がパンパンだ

03月11日(水)  ウォーキング3キロ・まずは脚慣らし、歩く分には問題なし
03月12日(木)  ウォーキング6キロ・歩いてサウナと買い物、すっきりしたぁ
03月13日(金)  05キロジョグ42分・ふくろはぎが少し痛い、13日の金曜日
03月14日(土)  06キロジョグ48分・脚は大丈夫、4月からは強度を上げたい
03月15日(日)  07キロジョグ53分・これから半分は芝を走るように心掛ける
03月16日(月)  12キロジョグ72分・今朝ジョグは希望を感じた、まだ出来る
03月17日(火)  REST・予定通りの休み、余裕を持たせながら上げていく
03月18日(水)  15キロジョグ95分・「風に立つライオン」鑑賞、ギター教室
03月19日(木)  10キロジョグ64分・予定はゆっくり走るつもりだったのに〜
03月20日(金)  10キロジョグ80分・疲労抜きジョグは真剣にやりましょう!

03/01〜03/10=ジョグ07日間56キロJog
03/11〜03/20=ジョグ07日間65キロJog

2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)
02月ジョグ17日間147キロJog(  335K)
2014年
01月ジョグ22日間110キロJog(  110K)
02月ジョグ20日間129キロJog(  239K)
03月ジョグ26日間200キロJog(  439K)
04月ジョグ26日間240キロJog(  679K)
05月ジョグ24日間240キロJog(  919K)
06月ジョグ06日間043キロJog(  962K)
07月ジョグ10日間044キロJog(1006K)
08月ジョグ10日間056キロJog(1062K)
09月ジョグ10日間087キロJog(1149K)
10月ジョグ08日間032キロJog(1181K)
11月ジョグ26日間235キロJog(1416K)
12月ジョグ22日間260キロJog(1676K)

情熱と呼べるものが本当にあるだろうか
もしわたしに情熱があるとしたら、その起源は、
私が苦しいときに聞いた言葉ではないだろうか!


東日本大震災が発生する、およそ3ヶ月前だった。
2011年1月7日、ふつうの家庭では七草粥を食べる日である。
わたしの家庭は普通だったが、わたしは普通ではなかった。
元旦から7日間、わたしの折れた左手は私の意志よりもカチカチ
に硬い白いギブスで覆われていた。斜めに長く裂けるように折れ
た左脚は、病院のベッドから10cm高い位置に吊るされていた。

この7日のあいだに私が一番望んだのは、箱根駅伝ではないし
七草粥を食べることでもなかった。24時間絶え間なく続いている
わたしの身体の痛みから解放されたい、ただそれだけだった。

このような怪我をした全責任はわたしにあります。反省します。
これまでのわたしの不徳については、これから償って生きます。
誓います。だからお願いです。神様、この痛みを取り除いて下さい。
(先生、本当にお願いします。はやく、はやく手術をして下さい!)

わたしは特別食である七草粥を食べることができなかった。
手術前夜から食事は、文字通りにドクターストップなのだ。

1月7日(土)午後2時を過ぎた。手術室に穏やかな音楽が流れて
いた。たぶんそれは洋楽だと思うが、わたしの知らない曲だった。
私の耳元で”天使のささやき”のように尋ねたのは長澤まさみプラス
10年の看護師さんだった。全身麻酔の前に、天使の声が言った。
「なにか(手術前に)お話ししたいことはありますか?」

わたしは、それまでに言えなかったことを言ってみようと考えた。
今までなぜ言えなかったのか。いや、そんなことを言える(主張)
状態ではなかった。そしてもう1つ、わたしはその質問をするのが
とても怖かった。その質問を医師が返す言葉が無性に怖かった。
「時間はかかりますが歩けるようにはなります。でも走ることは....」
もしこういう回答だったらと想像すると、私は聞くに聞けなかった。

もうすぐ意識がなくなる。そして手術が始まる。輸血を要する手術だ。
わたしは、まな板の鯉だった。わたしには、なにも出来なかった。
手術前に医師にお話ししたいことを尋ねられる。さぁ〜勇気を出そう。
ちゃんと言わないと後悔する。今しかない。わたしは決意した。

瀕死の蚊が泣いているような声を振り絞って、わたしはこう言った。
「先生、もう1度フルマラソンを走りたいので、よろしくお願いします」

看護師さん(長澤まさみ10年)は、まるで通訳をしているように、
手術室にいる全員が聞こえるように、大きな声で復唱してくれた。
なんども修羅場を超えてきた女性が発する声だった。

そのあとに執刀医師の声が聴こえた。「はい、わかりましたぁ!」
スッポン料理を食べたあと、濃い珈琲を飲んだ男性の声だった。
いつも自信のある男が自信のあるときに発する話し方だった。

手術室のピンと張りつめた空気が、そのときに少しだけ緩んだ。
わたしは大丈夫なんだ、また、走ることが出来るんだ。
みんなでわたしを守ってくれる。わたしを助けようとしている。
だから、だから、だから、わたしは大丈夫なんだ。

そう思ったときに、手術台で寝ている私の目から涙が溢れてきた。
その涙は頬を伝わって、わたしの耳に入った。

あれから4年3ヶ月、わたしはマラソンの半分(ハーフ)を完走した。
そしていま、あらためて考える。わたしはフルマラソンを走りたい。
フルマラソンを走りたい。わたしは、絶対に走らなければいけない。

私たちは、「お金がないから」とか、
「時間がないから」という理由で、
いろんなことをあきらめています。
でも、お金がなくても旅行することはできますし
新しいことを学ぶこともできます。
大切なのは、どうしてもやりたいという情熱と
それをする方法を思いつく想像力です。
本田健(著述家)『きっと、よくなる2』

51
2011.1.7(金)13:51 手術の直前




10 days(43)おかえりなさい

03月01日(日)  REST・昨夜は新橋でお酒を飲んだ。今朝は何もしなかった
03月02日(月)  08キロジョグ58分・休み明けは走り始めがイマイチなんです
03月03日(火)  11キロジョグ58分・10キロ50分OK、これマジで限界ギリギリ
03月04日(水)  04キロジョグ30分・ここからは体調管理と筋力維持が大切
03月05日(木)  05キロジョグ40分・久し振りに屋外で走る、舗装道路慣らし
03月06日(金)  03キロジョグ20分・慣らし×(屋外+時計+靴+空気+心)
03月07日(土)  04キロジョグ28分・少し小雨交じりだったが、大丈夫ですよ
03月08日(日)  ハーフマラソン1時間54分・かなりバテたけど、脚はOK
03月09日(月)  REST・疲れているのにあまり眠れなかった、明日からだ
03月10日(火)  REST・ぐっすりと8時間睡眠、まだまだ右脚がパンパンだ

03/01〜03/10=ジョグ07日間56キロJog

2015年
01月ジョグ18日間188キロJog(  188K)
02月ジョグ17日間147キロJog(  335K)
2014年
01月ジョグ22日間110キロJog(  110K)
02月ジョグ20日間129キロJog(  239K)
03月ジョグ26日間200キロJog(  439K)
04月ジョグ26日間240キロJog(  679K)
05月ジョグ24日間240キロJog(  919K)
06月ジョグ06日間043キロJog(  962K)
07月ジョグ10日間044キロJog(1006K)
08月ジョグ10日間056キロJog(1062K)
09月ジョグ10日間087キロJog(1149K)
10月ジョグ08日間032キロJog(1181K)
11月ジョグ26日間235キロJog(1416K)
12月ジョグ22日間260キロJog(1676K)

エグザイルのメンバーに関心はないけど、ATUSHIは恰好いい

そこの一画は、まるで歳末バーゲンのイモ洗いだった。
仕方がない。この混雑はわたしの順位(699位)と大いに関係があるのだ。
10位でゴールしたらランナーは10人だけである。この状況下で目を閉じて
2メートル歩いたら、かならず誰かにぶつかるだろう。ふらふらと歩きながら、
わたしは目をしっかり開けていた。そのときに”KAZさん!”と声が聞こえた。
わたしが振り向くと、ローマの休日のように微笑みながら、彼が走ってきた。
ゴールの1キロ手前まで、声を何度も掛けながら並走してくれたAさんだった。

わたしは驚いた。たとえば身長が2メートルあったら、この雑踏の中にいる
わたしは目立っただろう。しかし、実際には8センチさばを読んでも180僂靴
ない。犯人を見つけ出す伝説の敏腕刑事さんみたいだ、と私は思った。

そのAさんは、満開の里見公園ソメイヨシノを愛でるような表情でこう言った。
「KAZさん、おかえりなさい!」 
(映画1本ではなく、五輪から五輪までの期間だと、わたしはすぐに理解した)
この言葉を聞いたときに、医学的には説明のできない異変が私に起こった。
わたしの血圧に変化はないが、体温だけが瞬間的に0.8℃上昇したのである。


どんな時でも、投げてくる球をしっかり見据えて
フルスイングしないと何も残らない。
明日につながらないんです。
人生だって同じかもしれませんね。
「現在(いま)」を大事にして精一杯やるから
「未来(さき)」があるんじゃないでしょうか。
衣笠祥雄(元プロ野球選手、野球解説者、1947〜)

07



成長(夢・希望)は挫折から生まれる

第一回かつしかふれあいランフェスタ(ハーフ)

05/23'38"(4’44”)
10/25'32"(5’06”)
15/28'15"(5’36”)
20/29'58"(6’00”)
FI /06'37"(6’37”) 1時間54分(NT1時間53分54秒)

誰にも加齢は止められないが、誰でも若返りはできる(と私は思う)

最初の5舛任錣燭靴慮撞曚肋綵の赤城おろしのように吹き荒れていた。
白くて四角いボードに黒い太字で10舛判颪い討△襪發里見えたとき、
わたしは走るのを止めようと思った。わたしは滅茶苦茶に苦しかったのだ。

後ろから走ってきたランナー集団は、わたしのことなどまったく眼中になく
”あっしにはかかわりのないことでござんす”みたいに情け容赦なく抜き
去っていく。結構なことだ。それが、まじめに練習をしてきたという事実で
あり現実であり、当然かつ正当な行為なのだ。働き者が怠け者を制する
のが健全なる資本主義社会である。真面目なアリの集団が、キリキリ
しているキリギリスを抜いていく。わたしは、そのように理解しようとした。

しかし、15舛△燭蠅ら次第に納得できない異変が起こった。わたしの
呼吸と同じように、わたしの頭まで混乱してきたのだ。わたしを追い抜
いて行くランナーが、それまでの状況とはあきらかに変化してきた。
わたしより太っている、わたしよりはるかに高齢、わたしより走り方が
良いとは言えない、そういうランナーが易々と追い抜いて行くのである。
(もちろん、そういうランナーが悪いという意味では決してありません、
あくまでも、わたし自身の主観的、客観的な考察としての表現です)

なぜだ、どうしてなんだ。いくら5年ぶりのレースとは言え、わたしにとって
はある種の屈辱だった。わたしの神経は混乱していたが、一方では冷静
になろうとする自分自身も存在した。そして、わたしは3つのことを考えた。
投げ出さないで絶対に完走すること。この屈辱と挫折を真摯に受け止める
こと。そして、このような状況がわたしに教える意味を解明することだった。
よれよれゴールのあとに、わたしは、この解明作業にさっそく取り掛かった。

完走証明書を受け取る。応援(並走)に来てくれたATUSHIさんと握手
をする。手荷物の受け取りは、手荷物を預ける時間より15倍早かった。
わたしは脚を引きずりながら、河川敷の階段を上がり、手すりを掴みな
がら、150分のペースで堤防の階段を下りた。性能の悪いポンコツの
ロボットのような動きをしながら、わたしはセブンイレブンに入った。

金色の温かい缶コーヒー(微糖)と玉子サンドウイッチを買った。それを店外
のゴミ箱の上に落とさないように神経を使いながらそっと置いた。わたしは
珈琲をごくごくと半分飲んだあとに、玉子サンドを紫色の口に放り込んだ。
年老いたヤギのようにモグモグしているときに、わたしは屈辱と挫折の意味
についての解明作業が、気まぐれな突風のように突然吹いて終わった。

その回答は何ら特別なものではなかったし、何ら目新しい発見でもなかった。
過去に私が経験してきた中に存在していたことだった。たとえば一番最初の
ハーフマラソン(46歳)、脱サラ当時(38歳)、たとえばギター練習(50歳)、
それと最初の手話サークル(53歳)、すべての状況はおしなべて同じだった。

いつだって成長(夢・希望)は挫折から生まれる。これを別の表現にすれば、
ライチュウはピカチュウの進化系、格好良いは格好悪いの進化系となる。

大腿骨を骨折した50歳が4年後にハーフマラソンを完走した。この事実が
同じような怪我をした方や、何かしらの苦しみを抱えている方の何かしらの
励みになってくれたらと、わたしが僭越ながら思うところである。

お掃除ロボットのように、何を言ってルンバ、という方もいるかもしれない。
たかが骨折で4年もかかったのに、それが何の励みになるというのだ、と。
そういう意見に対しては、わたしも同感だ。ただ、こういう風にも考える。

わたしがこの4年間に体験してきたことは、決して無駄や無意味なことでは
なかった。病気や怪我をしたことが良かったとは言わないけど、少なくても
わたしを成長させてくれた要因として今では絶対に欠かせない経験値だ。

IWGPは遠いぞ、挑戦したいんだったら力で上がってこい!と棚橋弘至は
オカダカズチカに言った。いまのわたしに、サブスリーは遠いぞ!とは誰も
言わない。もしかしたら親切な誰かが、サブフォーは遠いぞ!と言うかも
しれない。言わないかもしれない。

しかし、わたしは聴こえた。心がブツブツ言ってるのが聴こえてきたのだ。
「挑戦したいのだから、だったら、力で上がって行ってやる!」
堀切のセブンイレブンでサンドイッチを食べ始める前は15歳余計に老け
込んでいたが、食べ終わったときは、いまの私より5年分若返っていた。

理想とは、自分が想像できる最良の状態であり、
そうありたいと思う最上の目標である。
理想は現実的ではない、と思うかもしれない。
しかし、この理想を追い続け、そこにどれだけ近づくことができるか?
という挑戦を続けることこそ最も価値ある生き方だ。
オリソン・マーデン(米国の成功哲学者、実業家、1850〜1924)


DSC_0038








少し太くて力強い線になりますように!

あれから4年3ヶ月、そしてわたしはスタートラインへ

背中にリュックを背負い、わたしは成田山を目指して走っていた。
わたしは自宅から25舛寮虱娶八千代市の成田街道を走っていた。
そのときは、2011年1月1日の午前0時30分前後だった。
車道から歩道へジャンプしたわたしの足が何かに蹴つまずいて
空中をダイブしながら、アスファルトの歩道に左半身から強く叩き
つけられた。食べやすいように斜めにカットされた”ずわい蟹”の
ように、わたしの左脚の大腿部は斜めに長く裂けるように骨折した。

反対側に折れ曲がった脚を見たとき、わたしは生まれて初めて
氷河のように冷たい恐怖心で、心と体は一瞬でガチガチに凍りついた。

本当にマラソンが走れるか、もう1度ちゃんと走れるようになるのか
この問いに対して、わたしは完全に100%払拭できたことはない。
ただの一度もない。ただし、わたしがマラソンを諦めたこともなかった。
だからわたしは、こうした日々を積み重ねてきたのだ。

あれから4年3ヶ月、わたしはスタートラインに立つことができる。
ただし、21舛箸いΦ離が本当に走れるのかは分からない。
あれ以降(2011.1.1)わたしの走った最長距離は17舛任△襦
距離とスピード、脚にたいして、わたしの不安は決して小さくはない。

それでもわたしは、わたしのこれまでの日々を振り返ると中川と綾瀬川、
荒川の水質と水深に負けないくらいに、純粋で感慨深いのである。
あしたは実際に走ってみなければ分からないけど、1時間46〜58分くらい
だったら、わたしはゴールできるかもしれない。出来ないかもしれない。

タイムはともかくとして、明日のハーフマラソンが、第2のスタートになって
くれることを、これからも走って行こうと思えることを、わたしは祈りたい。

師匠の言う通りに、点ではなく線になりますように、
そして願わくは、少し太くて力強い線になりますように!


DSC_0033







記事検索
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ