2017.3.18(土)総武線各駅停車 千葉行き

土曜日の午前11時を少し過ぎていた。

靴先を踏まれたと目を三角にするサラリーマンはいない。
鞄を小脇に抱えて線路上を走って逃げる痴漢男もいなかった。

緩やかな風に背中を押されて電車は走り、土曜日が所有する
時間は緩やかに流れていた。さらにわたしの個人所得と二日
酔いは、緩やかな下方曲線を描きながら、最底辺を目指して
順調に進んでいた。

JR総武線の各駅停車は、直近目標の平井駅を目指していた。
江東区と江戸川区の交錯した風の中を、気ままに走る電車。

進行方向の左手(北側)に三人専用座席がある。全盛期の
大関小錦がその座席に座れば、三人分を独占するのだが
それは心配無用だった。車両には小錦、曙、高見山、人間
山脈アンドレや、日本海から上陸したばかりの水もしたたる
いい怪物ケムール人はいない。(ある意味、それは残念だ)

上空から戦闘機の機銃照射もなく、テロリストの化学兵器の
持ち込みもない。窓の外を飛んでいるアンパンマンを探して
土足靴を上下にブラブラさせる子供もいないし、吐しゃ物を
ぶちまけようとチャンスを狙っている酒飲みオヤジもいない。

ただし、春の園遊会の招待客とは少し異なる。ずり落ちそう
に浅く座席に座り、車内の南北境界線まで長くない足を延ば
す女、酒のカクヤスみたいに安っぽいピンクシャツを着た万
引犯のような不審な目を持った男がいた。それは褒められた
ものではないが、深刻な問題とまでは言えない。ようは、気
にしなければ良いだけのことだ。

おおむね、各駅停車を取り巻く環境は、平和そうに見えた。
尾瀬沼の水面を天使の羽で撫でる、さざ波のように。

このような状況は、あらゆる面で、わたしにとっての好都合
だった。さらに好都合だったのは、そこに座っていた三人。
いや、日本語として正しくは、幸運だったというべきだ。

三人専用席に座っていたのは、お爺さん、お婆さん、お婆さん。
その様子は、見るからに仲良しで、見るからに楽しそうだった。
三人は手話を使っていた。三人はろう者(聴こえない人)だった。

三人専用席の正面(反対側)に、まったく同じ三人専用席。
その座席の左端がタイミングよく空いて、そこに私は座った。

正面の座席、同じ目線に、三人のろう者が座っていた。

三人のろう者に対して、私が話しかけるには
この上ない絶好のポジショニングだった。

7a72cdc7