13時予備校の恋(27


それからの二人は夢中になって話をした。まるで堰を切った
ように、半年間の空白を埋めるように、むさぼりあうように。
話の中身は勉強に関する真面目な話は少しで、大半は下らない、
どうでもいい話だった。つまり話なんか何でも良かったのだ。

 

氷の役目を放棄したアイスティーをストローでグルグル
と彼女は回した。それを見るだけで飲もうとはしない。
この恋が上手くいきますようにと、水のように薄くなった
アイスティーにお願するかのように。
そのとき、わたしは彼女を抱きしめたい衝動に駆られた。

それは性的欲望ではない。例えて言うなら、雨に濡れな
がら懸命に走ってきたウサギが大樹の下でほっとしながら

も少し震えているのを見て「もう大丈夫だから!」と両手

を差し出して、そっと抱きあげるときの気持ちである。

もっともそんなことを言ったら「私は震えてもいないわ。

それにウサギじゃないから」赤い顔して怒るだろうが。

オレンジジュースの入っていたわたしのグラスは氷を含
めて、わたしの頭のように、すべてが空っぽになった。

彼女は爽やかで、それでいてしっとりとして、知的で冷静
で軽妙だ。造花のようにクールでありながら生薔薇のよう
に情熱的だ。早見優と柏原芳江を足して2で割ったように。

混沌から秩序へ、彼女の誘い出しから小一時間が経過した。

 

四方を壁に囲まれた混沌の牢獄に一筋の光が差し込むと

全体が明るくなり障壁は消滅、どこまでも広がる、どこ
までも飛んで行ける正しい宇宙の秩序(無限)を感じた。

 

わたしは天下を取った気分だった。銀河系に飛び出した
1972
年ロケットマン(エルトンジョン)の気分だった。わたしは天下を取った気分だった。銀河系に飛び出した
1972
年ロケットマン(エルトンジョン)の気分だった。わたしは天下を取った気分だった。銀河系に飛び出した
1972
年ロケットマン(エルトンジョン)の気分だった。