13時予備校の恋(33

 

自信の表情だ。「言いたいことはしっかりと言わせて
もらいますので」神様のお墨付きを貰ったかのように。

あのね、あなたが今まで遊んできたことは知っているわ!

 

洋子の目の奥に、ブルースリーのようなメラメラと
燃える怒りの炎がチラリと見えた。

 

「女性のこと、お酒のこと、噂は耳に入っているから」
「いや、ちょっと待ってくれ」私は心の中で叫んだ。

 

だれ(女性)と付き合おうが、それが一人だけか、

同時に何人か、またはビール、ウイスキーを飲もうが、

ウイスキーボンボンを毎日食べようが、なんだという

のだ。そんなことは、わたしの勝手ではないか。

ましてや、洋子と出会う前の出来事(過去)である。
そう思ったが「余計なお世話だ!」と言わなかった。

女性の美は、男性の憲法(人生)を改正する。

 

わたしは両肩を前屈みにして、謙虚さを装った。

ミスター謙虚。心が躍る称賛ではないのだから。

付け焼刃の謙虚さだったが、功を奏した。やって

みるものだ。洋子は意図的に顔から険しさを消した。

優等生の顔に戻した洋子は、優等生的に話し始めた。

 

「具体的にどういう遊びをしてきたか、どういう女性

と付き合ってきたか、そこまでは詳しくは分からないわ」

楊枝入れから1本抜き取る時のように、そんなことは

どうでも良いのよ!という顔をして洋子は話を続ける。