13時予備校の恋(37

 

長い短いは別として吸った煙草は必ず捨てる。靴で踏み

潰すか、灰皿に水を浸すかの火遊び、水遊び、恋愛遊戯。

ささやかながら、反論もある。「本物の恋」って何だ?
「遊びの恋」のいったい何が悪い(問題)というのだ!

 

そのとき「我慢のときだ!」誰かの声が言った。
その声は、わたしがわたしに言った心の声だった。

 

結局のところ、わたしは反論しなかった。
洗濯板やボンレスハムを連想させる女性だったら惜しみ

なく雄弁に反論したが、洋子の美しさは問答無用だった。

 

男性は美しい女性から嫌われるリスクは冒さない。

 

洋子の好きなように話をさせておいた。当然だろう。

人は人の話しを聞くより、人に話すほうが好きなのだ。


「本物の恋は」と洋子は言った。「お互いの人格を刺激

して、お互いを同時に高め合うこと。わたしの創作民話

ではないのよ」とても調子が良さそうに見えた。

 

立ち上がりから連続三振を奪った投手のように。

「これは人類の歴史と進化が証明しているわ。

話の意味が分かるかな?(うん)分かるよね(うん)」

 

わたしは、ただ黙して頷いた。神妙な顔でありながら、

少しばかりの疲れを感じながら。

 

とにかく、洋子の話を聞かなければいけなかった。

日照り続きに苦悩する長老が正座をして、思いつめた
顔で神様のお告げに耳を澄ませるかのように。