13時予備校の恋(40

 

右手が無造作に髪をかき上げたとき、洋子の額の右端に
小さい汗の粒が2つ浮かんだ。それは発育中の真珠の
ように見えた。洋子は真剣な目で真剣に持論を力説した。

 

どことなく怪しさを含んだ、あるいは意図的に含ませた

真剣さだった。優秀なマルチ商法の販売員みたいに。

 

それでもわたしは、余計な事は言わなかった。従順な

聞き役に徹した。月曜日の営業会議の営業部長のように

洋子は悦(ゾーン)に入っていた。

 

天賦の才だ。黒でも白、白でも黒と言わせる、男の磁力

を狂わせる、美しい女性と本物の魔女のみが所有をする

美しくて本物の魔力だ。洋子はそれを所有して、それを

惜しみなく使った。勝負に出たのだ。

 

「あなたは悪ぶっているけど」と、洋子は言った。
昭和55年の田中裕子のように切ない顔と切ない声で。

 

「本当の貴方は真面目な人(男性)そうよ、絶対に、

そうでしょう!?」洋子の瞳はうっすらと潤んでいた。

あるいは、わたしの目が潤んでいたのかもしれない。

 

身悶えのように「そうでしょう?!」2回繰り返した。

 

ボディブローの連打、さすがに、これは効いた。

さらに、洋子の眼の中で多数の星が激しく飛び回った。

まるでラスベガスのカジノのルーレットのように。

 

洋子は賭けに出た。絶対に負けない賭けに。

 

一方のわたしは自問自答していた。洋子の言うように
本当のわたしとは、真面目な良い人間なのだろうか?